2010年11月11日 (木)

本会の概要

趣旨
 先人から受け継いできた家などの建造物は、文化遺産であり社会資本である。これら歴史的所産を大切に保全・活用し、現代に継承していくことを目的とする。

対象
 1.住居・蔵・納屋などの民家
 2.門・塀など
 3.学校・病院などの公共的建造物
 4.神社・寺院などの建造物
 5.古い街並み
 6.橋・井堰・水路・水門・溜め池などの建造物
 7.生活用具・民具・農具・暮らしなど
 8.その他

年代
 1.昭和初期以前の建造物
 2.他の保全したい建造物

地域
 糸島市(旧前原市、旧志摩町、旧二丈町)

研究
 1.調査・記録
   種類・所在地・竣工年・設計・施工・規模・・構造・公開・非公開・指定など
 2.維持・保全
   維持の方法・保存の方法・補修
 3.再生・活用
   改装・改修・改築・増築・活用方式

活動
現状の下調査 校区別マップの作成 調査研究会議 計測班 撮影班 作図班 所有者への交渉 実施計画書の作成 調査資料の編纂 実測図面の作成 資料公開の勉強会 維持保全の研究会 移築再生の研究会 会報発行 案内見学会イベント等に古材使用の施工例を展示 商店街等再生への古民家の提案 など

| | トラックバック (0)