« 2014年12月 | トップページ

2015年8月

2015年8月 8日 (土)

最後の定期総会と「糸島の古民家」の刊行

平成27年5月10日に第12回定期総会を開催しました。会場は、本会の設立総会と同じ「伊都文化会館」です。

総会の主な議題は、本会の解散と本会のこれまでの調査活動の記録を冊子にすることです。
平成16年4月の設立総会時に、活動の事業方針として約10年間の調査・保全・活用事業と調査報告書の作成としていましたから、概ねその方針に沿った形となりました。
総会では20名の会員出席のもと、提案した議題が全て了承され決議されました。
総会の時に原稿見本として提示した冊子とする調査活動の記録は、タイトルを「糸島の古民家」とし、これまでの本会の繰越金を活用して、全64ページのカラー印刷で150部を製本することができました。
R0021227_3   R0021230_2
贈呈先として、歴代会員88名全員、調査に協力していただいた11家、さらに糸島市の図書館や公民館など公的機関に送付させていただきました。
また、平成27年7月8日付けの糸島新聞にも記載されました。
R0021228
その後、贈呈先からはお礼の電話やハガキを頂き、本会の記録を冊子という形に残せたことの喜びをことさら強く感じました。
これで会は閉じましたが、本会の趣旨である「先人から受け継いできた家などの建造物は、文化遺産であり社会資本である。これらの歴史的所産を大切に保全・活用し、現代に継承していくことを目的とする。」ということは、これからもますます重要になってくると思います。
この冊子には約100件の糸島の古民家のリストを記載しています。これらの建造物がこれからも保全・活用され、糸島らしい美しい風景が変わらずに残ることを切に望みます。
(記事:瀬崎敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ