« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年8月

2014年8月18日 (月)

「T・I 家住宅」調査記録

R0020469                  主 屋
当住宅は、雷山川下流域の旧前原市泊地区に在る。歴史によれば、当地区と隣接する志登地区の間まで海が来ていたといわれるが、現在では干拓により南側に広大な田が広がる。
付近には、当家同様に大きな古民家がまだ数多く残されてはいるが、九州大学伊都キャンパスが北側に隣接しており、今後は大きく変化しそうな予感がする。
R0020474                 玄関土間
当住宅を見てみよう。外観は通常の古民家であるが、まず玄関を入ると、広い土間空間の中央に置かれた薪ストーブが迎えてくれる。
R0020475               コンサートホール
また土間右手の広い三間続きの和室二間は、床が畳敷からフローリング張に改造されていて大きなグランドピアノが置かれている。
R0020472                 二階広間
さらに、二階も壁などが取り払われ、磨かれた大きな梁で豪壮な空間となっている。まるで、すぐにでもカフェが営業できそうな雰囲気である。
当主の話では、娘さんが小沢征爾さんのオーケストラでも演奏するヴィオラ演奏家で、この古民家をコンサートホールとしても使うために改造されたとか。「とまり木コンサート」というタイトルでこれまで約10回開催されたそうだ。尋ねてはいないが想像するに、地名の「泊」と「木の家」でのコンサートということでネーミングされたのでは?
当主の祖父進氏により、約100年前の明治40年代に築造されたそうだが、子孫がこのような活用をしてくれるとは夢想だにしていなかったであろう。
R0020461                田中徹夫翁之碑
庭には大きな記念碑が設置されている。「田中徹夫翁之碑」当主の父の碑である。徹夫氏は県会議員や旧前原市長を歴任された人物であり、なんと、旧糸島中学校(現糸島高校)1回生として剣道で全国優勝を果たすなど高名な剣道家でもあったとか。元高校教師の当主も、その血筋を引き7段の柔道家である。
しばらくは空き家であった当住宅を、音楽家の道を進んだ娘さんが蘇らせる原動力になったことを聞き、ヴィオラの音色が鳴り響くこの古民家の幸せを感じた。
(2014年2月17日調査:瀬崎敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

「N・K 家住宅」調査記録

R0019953_2                西側の道路面
当住宅は、旧福吉村吉井地区に在る。佐賀七山へ通じる旧街道筋に面し、周辺は歴史を感じさせる落ち着いた佇まいの住宅地である。
R0019947_2                主屋 南側正面
当家初代小助氏によって大正2年に建てられたその住宅は、築後100年を経ており、式台玄関を構え、その軒裏まで漆喰で塗り固めた土蔵風な造りは、近辺にあってひときわ重厚な雰囲気を醸し出している。
R0019951
            十坊山を背景に北側から望む
小助氏から4代目になる現当主の話によると、かって主屋周辺には土蔵や納屋、そして福吉製紙組合の工場などが建ち並んでいたとか。
福吉地区は、江戸時代の明和から昭和初期に至るまで製紙業が盛んであった。それは「福吉紙すき唄」という唄まで残されている程である。
R0019937_2          当家に保存されている吉井白保紙
この製紙業を始めたのが当家の本家であり当地区の庄屋であった楢崎多吉郎氏で、耕地が少なく農業だけでは生計が苦しかった農民救済のために、自ら製紙法を学び地元に広めたという。
小助氏は多吉郎氏から3代目になる分家ではあるが、製紙業を更に発展させるため明治43年に「福吉製紙生産組合」を設立。初代組合長として、また村長も勤めるなど活躍する。福吉の紙は販路を京阪神や朝鮮大邸方面にも広げ、最盛期の生産額は村歳出の3倍を超えたと記録されている。
R0019940                  座 敷
棟木に棟梁大庭◯◯と記されている。地元にはかって宮大工筋の大庭工務店や石工筋の大庭組があった。小屋裏の重厚な木組みや敷地の見事な石垣などから、多分その手によるものと思われる。繁栄を極めた当家が、地元の職人に大いに腕を振るわせたのであろう。
R0019954              「まむし湯」源泉
まむしに咬まれて苦しんでいる人々がその効力を伝え聞いて遠方からも治療に訪れ、一時期は部屋に入りきれず廊下に寝る程湯治客が多かった「まむし湯(伝承名:貴船湯)」。その源泉井戸も当家の所有地の中にある。
(2013年5月18日調査:瀬崎敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

「M・K 家住宅」調査記録

R0019049_2
当住宅は、旧怡土村井原地区に在り、当地の氏神様である住吉宮の西側に接する。初代朝次郎氏の日露戦争復員後に、分家住宅として明治30年代に建造され建築後100年以上が経過していることになる。
当主婦人の話によると、井原地区の旧庄屋三苫家の分家筋にあたる朝次郎氏は秀才で日露戦争でも将校として功績があった。そのため、本家は養子に出さず田畑を分け与え、当住宅も造り与えたとか。
R0019060
その後、朝次郎氏は旧怡土村村長を勤めるとともに、俳人高浜虚子の愛弟子となり俳号「寸陽」として数々の俳句と書を残している。
R0019062_3           碧悟桐・寸陽・虚子の三俳人の句
当家を訪問すると、まずその庭野広さと花木の多彩さに驚かされる。90歳になる二代目当主が丹精込めて手入れされており、4〜5月の花の時期は見事である。
R0019837_2
R0019855_3
そして住宅内に入ると、それはまさに文人の家である。襖に張られた書の見事さに圧倒され、また孫娘さんにその才が引き継がれたのであろう書画などの作品が数多く飾られている。
R0019061_2
当住宅の敷地は大きな杉、桧また槙の防風林に囲まれている。瑞梅寺川流域の水に恵まれた平野地である当地は井原山から吹き下ろす風が強く、東北地方ではこの防風林を「イグネ」と呼んでいるが、糸島地方では特に呼称は無いようだ。
R0019052
福岡市から日向峠を越えると目に入るこのような田園風景。それは主に旧怡土村地域で培われてきた風景であり、糸島が魅力ある糸島であり続けるためには、これからも大切に保全していきたい景観財産である。
(2013年4月21日調査:瀬崎敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

「H・T 家住宅」調査記録

R0019219
当住宅は、旧唐津街道前原宿界隈の老松地区に在る。明治39年の建築で107年が経過していることになる。
当主の話によると、商家の津田家住宅として建設されたものを医者をしていた祖父安吉氏が明治42年に購入したとのこと。
R0019829
祖父安吉氏は旧雷山村三坂地区の古庄屋である波多江家の4男として生まれ、秀才の誉れ高く尋常中学修猷館へ進学。卒業後雷山小学校の訓導となるも、更なる向学心により上京し済生学舎に学び医師となり、各地病院に勤務後明治31年に前原にて開業。
R0019226
家の造りを見ると、唐津街道筋ではないためか商家住宅としてではなく純然たる町家住宅として建造されている。
主屋と座敷間とが離れ的に中庭を介して畳間で続いていて、京都の町家的な雰囲気であり、糸島地域では珍しい間取りである。
R0019205_2
板戸などにも金箔が施された豪華な造りとなっている。かっては通り庭だったところは改造されてはいるが、広い玄関に当時の面影が残されており、また裏庭には土蔵も現存している。
R0019211_2
また、昭和初期に病院として建てられた建物は、医家の二代目として医師になった当主の父が42歳で早逝したため、現在は取り壊されているが写真で見ると、寄棟・鎧下見板張りに洋式デザインが取り入れられており、当時としてはそのモダンさで周囲を驚かしたであろう。
R0019831
当住宅の場所は、糸島市の中心街区。近隣の建物の多くは時代の変化とともに建て替わっている。その中にあって、明治・大正時代の雰囲気を残す貴重な建造物として、今後も大切に保全・活用されて欲しい建造物の一つである。
(2013年2月10日調査:瀬崎 敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »