« 2013年11月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

「K・G 家住宅」調査記録

R0019251
当住宅は、糸島市最高峰(標高983m)井原山の南側山麓に位置する37戸ほどの中山間集落である川原地区に在る。
当地区は、近年、福岡市早良区への県道56号線も整備され、またゴルフ場に隣接した温泉付き別荘地も開発されるなど、福岡都市圏の近郊行楽地として発展の期待が寄せられている。
R0019250
当住宅は、築後77年。現当主の四代前、農業と林業を営んでいた源七氏により昭和10年から11年にかけて築造された。施工は、近隣の高祖地区の肥村棟梁と大門地区の藤田氏の手によるものである。
主屋、納屋、土蔵などがあり、延べ床面積は約300坪。その規模の大きさもさることながら、大きな松梁は熊本の人吉から、杉・桧の良材は大分の日田から運ばれたと伝えられ、そして大黒柱には欅の4寸角、また廊下や格天井には桜などの銘木が使われている。
主屋の造りは、式台玄関を入ると左手側には三間続きの座敷があり、
R0019249
同玄関を真っすぐ進むと商家に見られるような吹き抜けの間がある。
R0019240
それに続いて居間や寝室などが、面白いことにそこには丸や四角のトップライトが設けられている。
R0019243
R0019242_2
現当主に農家住宅には珍しいこれらの造りを質問したら、「よく判らないが、当時は金融業もしていた。」とのこと。
推察するに昭和初期の頃、農林業は大きなお金を生み、そのお金の運用でさらに財をなした先代が、明治以降の身分制度廃止とともに建築様式も自由になり、かつ洋風の技法も伝搬された当時にあって、農家にとって憧れだった武家や商家などの住宅建築様式を取り入れたのであろう。贅を尽くしたその造りに当時の当家の隆盛が偲ばれる。
(2013年2年17日調査:瀬崎 敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月30日 (水)

「A・S 家住宅」調査記録


R0018882

旧前原市有田地区の県道前原線から同大門有田線へ曲がると、いかにも歴史を感じさせる3軒の大きな家が並んでいる。かって「コウジヤ」「オク」「シュウジ」という屋号で呼ばれた3軒のいずれもA姓を名乗る住宅である。(現在、中央の屋号「オク」の家は売却され別姓になっている。)
当住宅は、その内の右側「シュウジ」という屋号の家で、言い伝えによると江戸時代末元治元年(1864年)の建築とされ、築後約150年が経過していると思われる。
R0018884
また当家は、その家系図によると高祖城城主原田家の家臣「有田因幡守」に遡る室町時代から続く武家の血筋であり、正面の式台玄関にその家格を偲ばせる。
現当主の話によると、亡曾祖父や亡祖父は旧雷山村の村長や消防団長を勤めており、当時そのような役職を勤めると費用支出が大きく財産を失うことになると言われ、多分に漏れず当家も費用捻出に多くの田畑を売却したとか。そのために戦後の農地改革による農地没収にはあわずに済んだ、と笑って話されていた。
R0018895_2
当家には写しではあるが家相図が残されている。それによると現在の母屋の他に、南側道路に沿って馬屋や収納屋等からなる納屋門、また西側隣家に沿って土蔵、湯殿や味噌部屋等からなる納屋、さらに北側には薪小屋がある。しかし現在、母屋以外はいずれも残っていない。ただ、戦後間もない昭和20年代に解体し移築した土蔵は、近所で現存しており住宅として活用されているとのこと。
R0018900_2
当住宅は一部改造されているものの、建築当時の風情を式台玄関や三間続きの座敷等に色濃く残しており大切に管理されている。また、土間表口の八寸角の欅大黒柱前や至る所に飾られている花に、この家の伝統を守る主人の愛情を感じた。
(2012年9月2日調査:瀬崎 敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年(第11回)定期総会を開催しました

平成26年5月11日(日)午後1:30より、本会の第11回定期総会が開催されました。

総会会場は、本会の吉丸副会長の実家。旧二丈町の佐波地区にある古民家です。比較的新しい建築だそうですが、通常使いの土間玄関の他に敷台玄関も構えられており、格式高い造りでした。
R0020807_2
総会出席者は、20名。議事としては2013年度事業・活動報告、同決算報告などが提案され、異議もなく承認されました。
総会終了後は恒例の見学会です。今回は、同じ佐波地区の古民家に若者7名が暮らす「糸島シェアハウス」です。
自給自足を目指す若者達が、一軒の古民家に共同して暮らすという新しい生活スタイルの見学です。
R0020808_2
自由に改造して良いと条件のもと借りている民家で、座敷の床下を韓国式のオンドルとしています。
R0020827
ここで暮らし始めて2年目。地域の人から田んぼを借りて米造り。狩猟免許(わな猟)を取得してイノシシを捕獲・解体。ミツバチ飼育。野草採取などなど。
R0020818
R0020822_2
エアコンはもちろん使わず、暖房も薪を使うこのオンドル。電気も太陽光パネルを使っての発電。エネルギー源も出来るだけの自給を目指しているそうです。
また、地元の人達とのコミュニケーションも上手に行い、過疎が進む当地区にとって貴重な若い力になっているとか。
R0020820
案内してくれた志田さん。会員の質問にも丁寧に答えて頂き、なかなか感じの良い好青年でした。
過疎化が進む地域の古民家が、このように外からの若者達に活用されていく。古民家存続の大きな力になりそうです。
(文責:瀬崎 敏博)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年8月 »